特殊な認知症 特発性正常圧水頭症とは

 先日、70代後半の男性が、奥様及び息子さんと共に来院されました。ご本人は杖をつきながら小刻みに歩き、転倒しないかと心配でした。3年ほど前から歩き方がぎこちなくなったということです。奥様の話では「自分一人では10分くらいで歩ける所でも、夫と一緒に歩くと40分ほどかかってしまう。」ということでした。また1年ほど前から物忘れがひどくなり、数分前に話したことを覚えていないことがあるようです。最近では、オシッコを漏らすようになりオムツが必要な状態でした。

 このような患者さんが受診した場合、脳神経外科医はすぐに「特発性正常圧水頭症」という病気を頭に浮かべます。特発性正常圧水頭症とは、脳や脊髄にある脳脊髄液(略して髄液といいます)の吸収が悪くなる事によって、脳室という部分が拡大し周囲の脳組織を圧迫することにより起こる病気です。脳室とは、脳の中に存在し髄液を作り貯蔵する部屋です。一般に、この脳室に過剰に髄液が貯留している状態を「水頭症」といいます。この場合脳の容積が大きくなり、頭の中の圧力(頭蓋内圧とか脳脊髄液圧といいます)が高くなりますが、この病気の場合は圧力が正常なため「正常圧」という言葉がつきます。また、原因が分かっていないため、「特発性」です。

 この病気の症状は、「歩行障害」、「認知症」、「尿失禁」の3つです。その中でも、歩行障害が重要な症状で、今回の患者さんのように歩行障害が先行する事が多く、アルツハイマー型認知症などの他の病気と鑑別する時に参考になります。特発性正常圧水頭症の最大の特徴は、正確な診断・外科的治療(手術)をすれば、症状は改善されるということです。

 患者さんとご家族にこの病気について説明すると、奥様は「ウンウン、この病気に違いない」と納得されましたので、まず頭部MRI検査を行ないましたところ、やはりこの病気に特徴的な脳室の拡大が見られたため治療可能な病院に紹介しました。その後、紹介先から報告があり、特発性正常圧水頭症が考えられ、まずタップテスト(腰の骨の間から針を刺し、髄液を抜いて症状が改善するかを判定する検査)を行い、その後手術を検討するとの事でした。まだその後の報告は届いておりませんが、手術が成功し、奥様と一緒に散歩できることを願っております。

 特発性正常圧水頭症の手術につきましては、当院顧問である野口信先生が、東京逓信病院に在籍しておりました時に、詳しく紹介しておりますので、是非ご参照下さい。

特発性正常圧水頭症について
野口信
https://www.hospital.japanpost.jp/tokyo/health/magazine/101/03.html

担当:峯田

物忘れ ・その2・ 軽度認知障害とは?

前回は主観的認知障害について説明しました。今回は認知症状がもう一段階進んだ状態といえる「軽度認知障害」について紹介します。

軽度認知障害とは、主観的にも客観的にも認知障害を認めますが、基本的な日常生活機能に支障はなく、認知症とは言えない状態のことを言います。簡単に言うと、本人が物忘れを自覚するだけでなく、家族や周囲の人も「ちょっとおかしい」と心配しているのですが認知症とまでは言えない状態です。そのため、このような方が病院を受診する場合は、家族同伴で受診することが多くなります。

軽度認知障害は、英語ではMild Cognitive Impairment (MCI)といわれ、専門的には「健忘型」と「非健忘型」の2つのタイプがあります。「健忘型」では記憶障害がみられ、「非健忘型」では、少し難しい話を理解できない、または話せない、意欲の低下や性格変化などの症状が多く見られます。軽度認知障害と診断された場合、およそ年間10%の方がアルツハイマー型認知症へと移行する可能性が指摘されています。特に「健忘型」が、アルツハイマー型認知症へと進行することが多いようです。しかし、軽度認知障害と診断されても症状が進行性に悪化するとは限らず、その後の評価で正常と判断されることもあります。そのため、軽度認知障害をなるべく早く診断し、その後の進行を抑えることが大切です。

当院では、軽度認知障害の可能性がある方には、まず本人や家族から記憶障害や認知機能障害の程度を聞かせていただきます。必要な場合は、医師が長谷川式簡易認知症スケールや他の認知機能評価の検査を行ない、画像診断として頭部MRI検査にVSRAD解析を追加しております。VSRAD解析とは、頭部MRI画像データを利用して、主に早期アルツハイマー型認知症の診断を補助するソフトウェアです。アルツハイマー型認知症では、側頭葉の内側に存在する海馬などに特徴的な萎縮が認められることが知られています。この解析を用いることにより、その特徴的な萎縮を捉えることが可能となり診断の参考にしております。

担当:峯田

八重洲クリニック「認知症外来」では、検査等で総合的に認知症の診断を行います。

八重洲クリニック「認知症外来」

 

八重洲_脳神経外科のご案内 東京駅4分 日本橋駅1分

物忘れ ・その1・ 主観的認知障害とは?

個人差はありますが、人は40歳代や50歳を越えた頃から物忘れを自覚するようです。自分の20歳、30歳代と比較して記憶力が低下していると感じるようになり、「人の名前が出てこない」、「車の鍵など、いつも使っている物の場所が分からなくなる」などを自覚すると、「自分もボケたかな?」と心配になります。そう言う私も、人の名前が思い出せないのは日常茶飯事ですが、先日シャワーで洗髪中、自分がシャンプーを使っているのかリンスを使っているのか分からなくなり不安になってしまいました。友人に相談すると、「泡立ちでわかるだろう…」、「シャンプーとリンス、一体型を使ってはどうか..?」といわれ、その通り!と納得しましたが自分の不安の解消にはなりません。

同じような不安を持つ40歳や50歳代の方が病院を受診することがあります。物忘れがひどくなったと自覚し、アルツハイマー型認知症になるのではと心配しています。この様な方は、主観的認知障害という状態であると言えます。

主観的認知障害とは、主観的に認知機能の低下を自覚しているが客観的には認知機能の低下を認めない状態です。簡単に言えば、本人は自分の認知機能の低下を自覚しているが、他人にはその人の認知機能の低下が認識できない状態です。そのため、病院を受診する場合は、ほとんどの人が一人で来院されます。主観的認知障害は、英語ではSubjective Cognitive Impairment (SCI)といわれ、別名として主観的記憶障害(Subjective Memory Complaints: SMC)といわれます。

皆さんが一番知りたい事は、このような状態からどれくらいの人が今後紹介する「軽度認知障害」、そして認知症へと移行していくのか?だと思いますが、残念ながらまだ詳しくは分かっておりません。勿論、主観的認知障害から症状が進行し認知症まで移行する可能性はありますが、必ずしも移行するものではないと考えられます。

加齢により物忘れを感じる事は、誰でも経験します、そのような時は一人で悩むことなく、まずは信頼できるパートナーや友人に相談することが大切です。また、20歳、30歳代の方に多いようですが、ストレスによる「うつ状態」や生活環境や仕事の環境の変化に適応できない「適応障害」が原因で物忘れを自覚することがあります。そのような場合は、心療内科や精神科を受診しましょう。

担当:峯田

八重洲クリニック「認知症外来」では、検査等で総合的に認知症の診断を行います。

八重洲クリニック「認知症外来」

 

八重洲_脳神経外科のご案内 東京駅4分 日本橋駅1分

「突然、記憶が消えてしまう!!」~一過性全健忘とは?~

先日、ビジネスマンが3人、不安そうな顔つきで診察室に来られました。3人のうちの一人Aさん(50代男性)が、昨日大阪から出張で上京し、夜に3人でビール片手に楽しく食事した後、ホテルにチェックインしました。しかし、本日朝になってもAさんは出社してこないため、携帯に電話したところ、「自分はどうしてここにいるのか?」、「昨日の記憶がない?」としどろもどろに答えたようです。そのため二人はホテルからAさんを連れて当院を受診しました。

Aさんは自分の名前や住所などは答えることができますが、なんかおかしい、すっきりしない、自分はどうしたんだ?と訴えます。付き添いの二人は、昨日楽しくお酒を飲んでいたAさんが、突然どうしたのかと驚いています。

このような時に、頭に浮かぶ病気が「一過性全健忘」です。

一過性全健忘とは、突然、数時間前からの記憶がなくなってしまう病気です。自分の名前や住所などは覚えていますが、どうして自分はここにいるのか、などの状況が分からなくなり、何度も同じ質問をしたりします。これは大変だと周りが心配するのですが、症状は通常、24時間以内に消失しますのでご安心ください。Aさんのように中年の方に多く見られる病気です。脳の記憶に関係する海馬(かいば)の機能が一時的に低下するのが原因と考えられています。他の病気と鑑別する必要があり、必ず病院を受診する必要があります。

Aさんを含めて、3人にこの病気について説明し(Aさんは覚えていないと思いますが)、念のため頭部MRI検査行いました。結果は、海馬領域を含め異常はありませんでした。検査が終わった頃には、Aさんは「スッキリした、スッキリした。」といつもの表情に戻ってきたようでしたが、まだ同じ質問をしたりするため、こちらはまだスッキリしません。そのため付き添いの一人の方に、新幹線で家族の待つ新大阪まで同行してもらい、翌日に念のため近くの病院へ受診するよう、紹介状と画像情報が入ったCDを持参させました。数日後、紹介先の病院から報告書が届きました。Aさんは翌日には元通りの状態になり家族も安心しているとのことでした。

八重洲_脳神経外科のご案内 東京駅4分 日本橋駅1分