頭部外傷を受けた小児はADHDをおこしやすい??ほんとうに?? ~医療情報の正確性について

投稿日:

 先日、ある有名な医療系の情報誌で驚くような見出しを見つけました。「頭部外傷を受けた小児はADHDをおこしやすい」

 これまで、子供が階段から落ちたとか、自転車で転んで頭をぶつけたとかといった子供の頭部外傷を日々みてきましたが、たいていの場合、「何ともなくてよかったですね。またけがをしないように気をつけてくださいね」とお話しして、めでたしめでたし、おしまいになります。しかし、この見出しは、頭にけがをした子供が、昨今の教育現場で増えてきている学習障害の一つ、注意欠陥多動性障害(ADHD)に将来なりやすいと言っているではありませんか。大変驚きました。

 あわてて、根拠となっている論文を探してきて読んでみました。
論文は、「Secondary Attention-Deficit/Hyperactivity Disorder in Children and Adolescents 5 to 10 Years After Traumatic Brain Injury」でJAMA Pediatrics誌 2018年5月号に掲載されています。

 3~7歳の間に頭部外傷を経験した子供81人を約5~10年間追跡し、頭部外傷を経験していない子供106人と比べて、二次性ADHDを発症するリスクが高くなるかどうかを検討しています。結果は、重度の意識障害があった重症群で、二次性ADHDの発症リスクが高くなるというものでした。
 一方で、意識障害が中等度あるいは軽度であった場合、発症リスクは正常群と有意な差はありませんでした。そもそも、この検討は画像に異常がある症例に限定されており、実際の日常診療で最も多い、意識障害もなく画像上の異常もない超軽症例は検討から除外されていました。

 つまり、正確な言い回しをすると、「重症の頭部外傷を受けた小児はADHDをおこしやすい。しかし、軽症例や中等度の頭部外傷ではADHD発症との関連は不明」ということになるのです。
 重度の意識障害を伴う重症頭部外傷では、脳の損傷も大きいことが多く、将来的に後遺症として高次脳機能障害が問題となることは必然的なことです。小児であれば、高次脳機能障害は学習障害として顕在化することになるでしょう。
 しかし、今回の論文結果は、重症例に限ったことなので、意識障害や画像上の異常がないような超軽症の子供まで、学習障害のリスクを心配する必要はありません。このことを、患者さんのご家族には誤解のないようにご理解いただきたいものです。

 このように、不安を煽るようなセンセーショナルな見出しが付けられたり、言い回しがされたりすることは、医療情報サイトや医療系テレビ番組で時にみられます。その内容がどこまで正確であるのか見極めることは、医療者でないとなかなか難しいのかもしれません。
 医者は安易に「大丈夫です」などと断言はしないもので、様々な可能性に対して予防線を張ります。私も、手術前の説明をするときには、「可能性はゼロではありません」とまどろっこしい言い回しを繰り返してしまったものです。
 しかし、誤解を与えるような医療情報を信じて、必要以上に不安を感じて受診されてくる患者さんには、あえて「大丈夫ですよ」と言って安心させてあげるのも、医者の仕事なのかなと思います。
 頭のことで何かご心配なことがあれば、どうぞご相談にいらしてください。

頭部外傷を受けた小児はADHDをおこしやすい

担当:武川

八重洲_脳神経外科のご案内 東京駅4分 日本橋駅1分

飲酒後の転倒、頭部打撲は危険!

投稿日:

 朝晩の冷え込みが厳しい季節になりましたが、週末や週明けの外来には、お酒を飲んで転倒した患者さんが多くいらっしゃいます。
海外の報告によると、救急外来を外傷で受診した患者の20-25%は、受傷前6時間以内にアルコールを摂取していたそうです。

 飲酒をした後は、ケガをする危険率が高くなると言われています。お酒を飲んでいない人と比べて、男性でお酒3杯で6.2倍、5杯で9.5倍、6杯以上で13.8倍にもなります。(1杯1単位、ビール500ml、日本酒1合、ワイン180ml、焼酎110mlに相当)

 これはもちろん、お酒が入ることでふらついて転びやすくなるからですが、転倒した際に、とっさに手が出なかったり受け身が取れなかったりするため、お酒を飲まない状態で転倒する時よりも、頭部や顔面を強く路面に打ち付けてしまいます。ですから、通常なら転んでもそうそう大ケガにならないはずの大人が、飲酒した翌日などに、後頭部に大きなたんこぶや、顔面に青あざを作って外来にいらっしゃるのです。

 また、飲酒が頭部外傷を悪化させるとも言われており、飲酒している場合、受傷後に脳浮腫が強くなるため、病状が重くなると指摘されています。
しかし、私の診療経験からは、飲酒後の頭部外傷が危険な理由として、他にも次のようなことが挙げられます。

・ 転倒後倒れていても、酔って寝ていると誤解されて、通行人が通報しないことがある。

・ 転倒後そのまま自宅に帰って寝込んでしまい、病状が悪化していることに本人も周囲も気づかず、朝方、昏睡状態で発見されることがある。

・ 意識障害があっても、酩酊状態と誤解されて、医療者に重症患者だと判断してもらえず、救急外来での診察が遅れてしまうことがある。

・ 酩酊状態で暴れていたために、十分な診察や迅速な検査が行えないことがある。

 以上のように、お酒を飲んでの転倒は大変危険ですので、飲酒量はほどほどにして楽しむようにしてください。

文責 武川

(参考文献)
Jpn. J. Alcohol & Drug Dependence 46 (1), 140-145, 2011

八重洲_脳神経外科のご案内 東京駅4分 日本橋駅1分

顔面の痛み ・三叉神経痛と舌咽神経痛・

投稿日:

皆さんは、顔面の痛みといえば虫歯だろうと思う方が多いと思います。でも頭の病気でも顔面の痛みが来る場合があります。それも、ビックリするような痛みです。今回は、その中でも三叉神経痛(さんさしんけいつう)と舌咽神経痛(ぜついんしんけいつう)についてご紹介いたします。

三叉神経痛とは

まず、三叉神経とは主に顔面の感覚に関係する神経です。3つに分かれて、オデコ、ホホ、アゴの部分の痛みを感知します。三叉神経痛とは、この神経が何らかの原因で過敏に反応し、突然激しい痛みが出現する病気です。この病気の特徴は、①片側の顔面に、②針で刺されるような、焼け付くような激痛が突然起こり、数秒から30秒くらい続きます。多少個人差はありますが、痛みは電撃痛とも言われ非常に強いものです。大先輩の先生方からは、「昔はお坊さんも痛みに耐えられず自殺してしまった。」、「外科医も自殺したよ。」という怖い話を聞かされました。③痛む場所としては、ホホやアゴの部分が多く、洗顔や歯磨き、食事などで痛みが誘発されることがあり、その恐怖で顔も洗えず、歯も磨けないため、生活に支障を来たしてしまいます。この病気の詳しい説明は、当院HP上の脳神経外科領域の主な疾患(三叉神経痛)を参照してください。

八重洲クリニック 脳神経外科「三叉神経痛とは」

舌咽神経痛とは

舌咽神経はその役目の一つとして、舌の後ろ側1/3の部分や口の奥(扁桃、咽頭)、耳の奥(中耳)の感覚に関係する神経です。この神経も過剰に反応することにより、三叉神経痛と同じように激しい痛みを発することがあります。痛む部位は舌のつけ根から喉(のど)、耳の奥にかけて激痛がするため、歯科や耳鼻咽喉科を受診したりします。三叉神経痛と同じように、食事で物をかんだり飲み込んだりする時に痛みが誘発されることがあり、食事もできなくなります。また、舌咽神経は、心臓の動きを調節する迷走神経という神経の近くを走行しており、稀ではありますが痛み発作と同時に意識を失ったり(失神)、心臓が止まったりしてしまうことがあり注意が必要です。

三叉神経痛や舌咽神経痛の主な原因は、これらの神経の特定の部位を、頭の中の血管が圧迫することにより起こります。その治療法は、まず(カルバマゼピン:商品名テグレトールTM)を内服します。最近ではプレガバリン(商品名:リリカTM)という新しい薬も使えるようになりました。薬で効果が十分でない場合には手術療法を検討します。血管の圧迫から三叉神経や舌咽神経を解放する手術です。また、その他の治療法として神経ブロックやガンマナイフによる治療法があります。顔面痛でお困りの方は、痛みの診断や総合的な治療方針を検討するために、ペインクリニックや脳神経外科を受診しましょう。

八重洲クリニック 脳神経外科

 

三叉神経(V)を血管(SCA)が圧迫している状態

 

三叉神経(V)を血管(SCA)の圧迫から解放した状態

脳神経外科ジャーナル 17: 754-760, 2008

八重洲_脳神経外科のご案内 東京駅4分 日本橋駅1分

顔面のぴくつき(けいれん)について

投稿日:

顔面が一瞬ピクピクとけいれんするようなことは、多くの方が経験したことがあると思います。パソコン作業や事務仕事で目が疲れている時や、ストレスを感じるときなどに起こります。多くはストレスを発散することにより改善しますが、長く持続する人は、自分は病気ではないかと不安になります。病院を受診する前に、まずは自分のピクツキがどんな病気かを理解することが大切です。

 

今回は、顔面のぴくつきについて、病院を受診するタイミングについて説明します。顔面がピクツク病気は主に3つが考えられ、①片方のマブタがぴくつく:眼瞼(がんけん)ミオキミア ②片方のマブタとホホが同時にぴくつく:顔面けいれん、③両方のマブタがぴくつく:眼瞼けいれんがあります。

 

① 眼瞼ミオキミアとは

眼瞼(がんけん)ミオキミアとは、眼の周りの筋肉(眼輪筋)の一部がピクピクと痙攣する状態で、普通は下マブタに起こります。健康な人でもパソコン作業などで目が疲れている時や睡眠不足の時などに、一時的にこういった症状が出現することがあります。そのような時は、睡眠を十分にとり、眼を休めることが重要です。多くは1週間程度で改善しますが、持続する場合や口元にもピクツキが出現した場合は、眼科や脳神経外科を受診して下さい。

 

② 顔面けいれんとは

顔面けいれんとは片側の眼の回りやほほ、口元がピクピクと痙攣(けいれん)する病気です。ほとんどが片側に出現するため片側顔面痙攣(へんそくがんめんけいれん)ともいわれます。症状が進行すると、片側のマブタとホホが同時に痙攣し顔が引きつってしまい、話し相手もビックリします。生活や仕事に支障が出る前に脳神経外科を受診しましょう。この病気の詳しい説明は、当院HP上の脳神経外科領域の主な疾患(顔面痙攣)を参照してください。

八重洲クリニック 脳神経外科「顔面けいれんとは」

 

③ 眼瞼けいれんとは


眼瞼けいれんとは眼の周りの筋肉が過剰に収縮し目が開きにくくなる病気です。多くは両側性で、まぶしく感じたり、目が乾く感じや眼の周辺の不快感などを伴います。そのためドライアイや眼精疲労と自分で勘違いしてしまうことがあります。目が全く開けられないほどの重症な人は少ないのですが、軽い症状でも持続するようであれば、まずは眼科を受診しましょう。

 

 

八重洲_脳神経外科のご案内 東京駅4分 日本橋駅1分