顔面の痛み ・三叉神経痛と舌咽神経痛・

皆さんは、顔面の痛みといえば虫歯だろうと思う方が多いと思います。でも頭の病気でも顔面の痛みが来る場合があります。それも、ビックリするような痛みです。今回は、その中でも三叉神経痛(さんさしんけいつう)と舌咽神経痛(ぜついんしんけいつう)についてご紹介いたします。

三叉神経痛とは

まず、三叉神経とは主に顔面の感覚に関係する神経です。3つに分かれて、オデコ、ホホ、アゴの部分の痛みを感知します。三叉神経痛とは、この神経が何らかの原因で過敏に反応し、突然激しい痛みが出現する病気です。この病気の特徴は、①片側の顔面に、②針で刺されるような、焼け付くような激痛が突然起こり、数秒から30秒くらい続きます。多少個人差はありますが、痛みは電撃痛とも言われ非常に強いものです。大先輩の先生方からは、「昔はお坊さんも痛みに耐えられず自殺してしまった。」、「外科医も自殺したよ。」という怖い話を聞かされました。③痛む場所としては、ホホやアゴの部分が多く、洗顔や歯磨き、食事などで痛みが誘発されることがあり、その恐怖で顔も洗えず、歯も磨けないため、生活に支障を来たしてしまいます。この病気の詳しい説明は、当院HP上の脳神経外科領域の主な疾患(三叉神経痛)を参照してください。

八重洲クリニック 脳神経外科「三叉神経痛とは」

舌咽神経痛とは

舌咽神経はその役目の一つとして、舌の後ろ側1/3の部分や口の奥(扁桃、咽頭)、耳の奥(中耳)の感覚に関係する神経です。この神経も過剰に反応することにより、三叉神経痛と同じように激しい痛みを発することがあります。痛む部位は舌のつけ根から喉(のど)、耳の奥にかけて激痛がするため、歯科や耳鼻咽喉科を受診したりします。三叉神経痛と同じように、食事で物をかんだり飲み込んだりする時に痛みが誘発されることがあり、食事もできなくなります。また、舌咽神経は、心臓の動きを調節する迷走神経という神経の近くを走行しており、稀ではありますが痛み発作と同時に意識を失ったり(失神)、心臓が止まったりしてしまうことがあり注意が必要です。

三叉神経痛や舌咽神経痛の主な原因は、これらの神経の特定の部位を、頭の中の血管が圧迫することにより起こります。その治療法は、まず(カルバマゼピン:商品名テグレトールTM)を内服します。最近ではプレガバリン(商品名:リリカTM)という新しい薬も使えるようになりました。薬で効果が十分でない場合には手術療法を検討します。血管の圧迫から三叉神経や舌咽神経を解放する手術です。また、その他の治療法として神経ブロックやガンマナイフによる治療法があります。顔面痛でお困りの方は、痛みの診断や総合的な治療方針を検討するために、ペインクリニックや脳神経外科を受診しましょう。

八重洲クリニック 脳神経外科

 

三叉神経(V)を血管(SCA)が圧迫している状態

 

三叉神経(V)を血管(SCA)の圧迫から解放した状態

脳神経外科ジャーナル 17: 754-760, 2008

妊娠中や産後の片頭痛と頭痛薬

片頭痛はたいてい10~20代で発症し、男性よりも女性に多い傾向があります。そのため、片頭痛を持つ方が妊娠や出産を経験するケースも多く、「今まで飲んでいた薬が使えるのか」といった相談を外来ではよく受けます。そこで、妊娠期間中や産後の頭痛に関して、お薬の話を中心にまとめてみました。

            一般的に、妊娠期間中は約60~80%の女性患者で片頭痛発作の頻度が減少すると言われています。一方で分娩後は、1ヶ月以内に半数以上の患者で片頭痛が再発します。

【妊娠4週未満】

胎児の器官形成は開始されていないため、この期間に片頭痛薬を数回使用したとしても心配いりません。

【妊娠4週から15週末まで】

器官形成期の絶対過敏期(妊娠4週から7週末)と、一部で分化が続いていて奇形を起こす危険のある相対・比較過敏期(妊娠8週から15週末)までは薬剤の使用は控えてください。

【妊娠16週から分娩まで】

奇形の心配はなくなりますが、胎児の発育や機能的発達に影響する危険があります。特に、バルプロ酸(デパケン、セレニカ)、NSAIDs(ロキソニン、ブルフェンなど)、エルゴタミン(ジヒデルゴット、クリアミン)は危険性が以前より唱えられています。

トリプタン製剤においては、妊娠期間中の使用の安全性は確立されていませんが、スマトリプタン(イミグラン)が妊娠中の使用に関して最も報告が多く、胎児奇形発生の危険性を増加させなかったと報告されています。

片頭痛に対して処方されることもある漢方薬の呉茱萸湯(ごしゅゆとう)は、子宮興奮の作用があるため、妊娠中は慎重投与とされています。

日本頭痛学会が推奨している妊娠期間中の片頭痛治療薬は以下の通りです。

・急性期頓服薬:アセトアミノフェン(カロナール、タイレノール)

・予防薬:投与しないことが望ましい。必要であればβ遮断薬(プロプラノロール)

 

【授乳期】

スマトトリプタンを使用した場合は使用後12時間あけて、その他のトリプタン製剤を使用した場合は、使用後24時間あけて授乳してください。

当院では、原則的にガイドラインに則った薬剤の処方を行いますが、片頭痛にお困りで、治療のご相談をされたい方は、どうぞご来院ください。

八重洲クリニック 脳神経外科

 

参考:日本頭痛学会編集「慢性頭痛の診療ガイドライン2013」
漢方医薬学雑誌2010, Vol.18 No.4

八重洲クリニック 脳神経外科「片頭痛薬のご紹介」